女性の社会進出が原因の薄毛とは?

おすすめ!発毛クリニック

女性の薄毛が急増しているわけ

 

薄毛という深刻な悩みは男性のことだけではありません。

 

最近は女性の薄毛が急増していますので、女性も気を付けなければいけません。

 

女性の薄毛が急増しているわけは女性の社会進出によるストレスや生活習慣の乱れなどが原因になっています。

 

働く女性

 

職場環境や人間関係などのストレスを感じやすい状況に直面している女性が増えています。

 

その状況下で毎日仕事をしていると、少しずつストレスが溜まっていき、結果的に大きなストレスとなって頭皮にダメージを与えて薄毛に至ってしまうのです。

 

どうしてストレスが頭皮にダメージを与えるの?と思う人もいるでしょう。

 

ストレスを感じることによって自律神経や女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、それによって血流が悪くなって髪に必要な栄養が行き届かなくなります。

 

そうなると頭皮環境が悪くなったり髪の健康が維持できなくなって抜け毛が増えてしまうのです。

 

生活習慣の乱れによる薄毛は睡眠不足や栄養不足などが多くあります。

 

ダイエットや偏食によって頭皮に十分な栄養が行き届かなくなりますし、発毛のバランスが乱れて細い弱々しい髪しか生えてこなくなり、抜け毛が進行しやすくなって少しずつ薄毛になってしまうのです。

 

また、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌量が減りますので、髪の毛の成長が止まってコシやツヤが無くなり、細くて弱い髪の毛しか生えてこなくなってボリュームがなくなります。

 

ストレスを抱えることによって喫煙する女性もいますが、喫煙は血流が悪くなって頭皮まで栄養が行き届きにくくなります。

 

ですので、喫煙でストレスを解消するのではなく違った方法を見つけてこまめに解消すると良いでしょう。

 

 

若い人の薄毛は改善しやすい

 

女性の薄毛は年配の方だけのことではありません。

 

10代や20代、30代の女性でも薄毛になってしまうことがあります。

 

若い世代の女性はパーマやヘアカラーをよくしますので頭皮や髪へのダメージがかなりあります。

 

また、若い女性は平気で紫外線をよく浴びますが、その紫外線による髪へのダメージはすごいものがあります。

 

それに、過度なダイエットで痩せようとする若い女性も薄毛になりやすいですし、夜更かしして睡眠不足になる女性も薄毛の危険があります。

 

こうしたことが原因になって若い女性でも薄毛になってしまうのですが、どちらかというと年配の方よりも若い人の方が薄毛を改善しやすい傾向があります。

 

女性の薄毛には女性ホルモンのエストロゲンが深く関わってきますが、その女性ホルモンの分泌量は若い人の方が多いのです。

 

ですので、女性ホルモンのバランスが乱れても若い人の方が改善しやすくなり、薄毛になっても早めに対策をとることで早期改善が可能となります。

 

どうしても自分で薄毛を改善できないときは一人で悩んでいないで発毛クリニックに行って相談するのも良いでしょう。

 

 

子供の薄毛の原因はストレス?

 

子供の悩み

 

薄毛は子供でもなる可能性があります。

 

その子供の薄毛の原因はストレスや生活環境、食生活の乱れなどが挙げられます。

 

子供でも大人と同じように様々な原因によってストレスを抱えてしまいます。

 

しかし、子供は大人と違ってストレスを感じるのに慣れていませんので知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいます。

 

また、ストレスに対する許容量が少ないので影響を受けやすくなります。

 

学校や家庭、塾や友達関係などで抱えたストレスが原因になって薄毛になってしまうことがありますので、親は上手に解消させてあげたりストレスを感じない環境づくりに心がけることが大切です。

 

生活環境による薄毛の原因は夜更かしによる成長ホルモン不足ですが、最近はゲームやスマホを夜遅くまで使用する子供が増えていることが原因と言えます。

 

食生活の乱れはファーストフードなどの偏食が増えていることです。

 

栄養が偏って髪や毛根などに栄養が行き届かなくなります。

 

東京ビューティークリニックは↓こちらから