薄毛の原因は女性ホルモン

おすすめ!発毛クリニック

女性の薄毛とホルモンの関係

 

女性

 

薄毛といえば男性だけのイメージがありますが、女性だって薄毛になってしまうこともあるのです。

 

女性の場合は男性とは原因が違いますが、それでも薄毛になる可能性は考慮しておくようにしましょう。

 

なぜ女性なのに薄毛になってしまうのでしょうか。

 

それは女性ホルモンが大きく関係しているからなのです。

 

女性にはエストロゲンというホルモンが、女性らしい体を作ったりしているのですが、このエストロゲンには発毛促進や成長促進作用があります。

 

そのためホルモンのバランスがしっかり取れていれば、女性も薄毛になることはありません。

 

ですが更年期などにはエストロゲンの分泌量が減少するため、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

エストロゲンが減少してしまうと、発毛促進作用も薄れてしまうため抜け毛に対して発毛速度が遅くなり頭皮が薄くなってしまうのです。

 

髪の毛の成長も促進されなくなってしまうので、成長も遅くなり髪の毛も細くなってしまいます。

 

このように更年期などには女性ホルモンが大きく影響するので薄毛になりやすくなります。

 

他にも出産後や過度なダイエットでホルモンバランスが崩れてしまうと、抜け毛も増えて薄毛になることもあります。

 

出産後は徳のそう感じる女性も多いでしょう。

 

女性にとって大切なホルモンは、薄毛にも大きく影響するのでできるだけ崩れないように体の管理を行い整えましょう。

 

 

薄毛と閉経の関係は?

 

女性の場合、薄毛とホルモンは関係性が強いためバランスを整えなければ薄毛になる可能性もあるのです。

 

また閉経前後の女性はホルモンバランスも崩れやすく、薄毛になりやすくなります。

 

閉経ではまず女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が急激に減少します。

 

そしてこのエストロゲンの発毛や育毛促進作用持っているため、これら作用の恩恵を受けられなくなると薄毛になる可能性は高まってしまうということです。

 

よく閉経の前後あたりで徐々に薄毛になってきたという女性も少なくはありません。

 

閉経が近くなるとエストロゲンの分泌量が減るということで薄毛になるので、あまりこのようなイメージを持っている方も多くはないかもしれませんが、薄毛と閉経の関係は全くないとは言い切れません。

 

ただこれには個人差もあるためすべての女性が閉経に近づいてくると薄毛になるとは限らないのです。

 

そこには食生活や生活習慣も影響するため、閉経だけが原因とは考えられない場合もあるでしょう。

 

このようにあまりよく知られていないかもしれない薄毛と閉経の関係は、個人差もありますが影響を受ける方もいるということを覚えておきましょう。

 

また閉経での薄毛もホルモン補充療法などで解決することはできるので、諦めずにまたお出かけしたくなるようなヘアスタイルを取り戻しましょう。

 

 

ホルモンバランスが悪いとは?

 

女性は特に耳にすることが多いホルモンバランスが悪いという言葉ですが、それって一体どのような状態なのでしょうか。

 

まず女性ホルモンについて知っておきましょう。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる二つのホルモンがあります。

 

このホルモンにはそれぞれ役割があり、これらのホルモンが交互に分泌されることで生理が訪れたり妊娠することができるのです。

 

またエストロゲンには女性らしい体を作ったり肌つやを良くする効果、髪の毛の発毛や育毛促進作用などがあります。

 

逆にプロゲステロンには妊娠をするために子宮に準備を働きかける作用を持ち、乳腺の発達・体温を上げる作用などもあります。

 

この二つのホルモンは個人差もありますが、およそ決まったサイクルで交互に分泌が活発になります。

 

この二つの分泌のバランスが崩れることで、体調不良や薄毛を引き起こしてしまうのです。

 

バランスが崩れるというのも、どちらかのホルモン分泌に偏りが出てしまうということになります。

 

大体はエストロゲンの分泌量が減少し、不調をもたらすことが多くなります。

 

バランスが崩れると生理も不順になったり量にも変化が訪れます。

 

このように分泌量に偏りが出ることを、ホルモンバランスが悪いと表現しているのです。

 

薄毛だけではなく精神的にも肉体的にも見た目にも影響を及ぼすので、できるだけバランスよく保てるようにホルモンを管理できるようにしましょう。

 

 

婦人科での治療

 

ホルモンバランスが崩れてくると薄毛になるということですが、このような場合にはどういった治療が適切なのでしょうか。

 

薄毛になったことでクリニックへ行こうと考える方もいるかもしれませんが、ホルモンが関係している場合には婦人科へ行くのが一番良いでしょう。

 

婦人科へ行くとまず最初にホルモンの数値をチェックしてもらうことができます。

 

自分のホルモンの分泌がどのくらい偏っているのか、詳しい数値を出してもらうことができます。

 

そして数値がわかることでその量に合わせて適切な治療が行われるのです。

 

治療にはホルモン補充療法などもありますが、漢方などを処方する婦人科もあるでしょう。

 

病院などによって治療にも違いはありますが、減少しているホルモンを補充しバランスを保てるような治療を行います。

 

ですがこれはホルモンに関しての治療となるので、薄毛には関係がないようにも思えますよね。

 

実はホルモンのバランスを整えることが薄毛の治療にもつながるのです。

 

バランスが整うことでエストロゲンの量も体に十分な量となるため、発毛や育毛の促進作用も取り戻すことができます。

 

婦人科で薄毛治療というイメージはありませんが、ホルモンバランスの悪化を治療してもらうことが薄毛治療につながると考えると良いでしょう。

 

生理周期などでバランスが悪いと感じたら、まずは薄毛のチェックもして婦人科で治療してもらいましょう。

 

 

自分でできること

 

ホルモンバランスが崩れたら、必ず婦人科へ行かなくてはならないのでしょうか。

 

できれば婦人科へ行くことが望ましいですが、まだそこまで崩れているわけではないのであれば、自分でもできることでホルモンバランスを整えていきましょう。

 

まずは普段の食生活や生活習慣の見直しを行うことから始めます。

 

栄養の偏りや睡眠不足は薄毛を招く原因だけではなく、ホルモンバランスも悪くなります。

 

また食事にも大豆イソフラボンと呼ばれるエストロゲンの代わりをしてくれる栄養素を摂取できるように、大豆製品などを取り入れるようにしましょう。

 

食事や生活習慣に気を使うということは、ホルモンバランスだけではなく薄毛予防にもつながります。

 

他にも運動なども血の巡りを良くしてくれるので、体内バランスが整う効果が期待できます。

 

血の巡りが良くなるということは栄養素が体内にしっかり周り、代謝も上がるため発毛も促進される可能性があります。

 

少しずつでもこれらのことに注意するだけで、ホルモンバランスも整えられるようになり薄毛も予防することができます。

 

女性にとって日々の生活を快適に送るためには、やはりホルモンバランスはとても大切になります。

 

また髪の毛も女性にとってはとても大切なものですよね。

 

少し改善するだけでも二つのことを守ることができるので、病院へ行く前にすぐにでも始められることから始めておくようにしましょう。

 

東京ビューティークリニックは↓こちらから