ストレスが薄毛を進行させる?

おすすめ!発毛クリニック

ストレスが薄毛につながるの理由

 

ストレスは薄毛と切っても切れない関係と言われます。

 

ストレス

 

急激に強いストレスを受けると白髪が増える事が知られているように、ストレスは思いのほか毛髪に大きな影響を与えるものです。

 

人の身体はストレスがかかると自律神経が緊張して血管が収縮してしまいます。当然血行は悪くなり、頭部への血流も減少します。

 

結果、毛根や毛髪への栄養が不足して髪が弱くなり、抜け毛が増える・・・といった事が起こり、長期に渡って改善されなければ次第に薄毛へと進行していくのです。

 

また、ストレスは直接髪に影響を与えるだけでなく、ストレスによって変化してしまう生活習慣にも大きな原因があると言われています。

 

例えばストレスが増えると喫煙量や飲酒量も増えるという人は珍しくありません。

 

甘い物や脂肪分の多い食品を暴飲暴食してしまったり、質の良い睡眠が取れなくて疲れが残るなど、全体的に不健康な生活に陥りやすくなります。

 

不健康な生活は内臓を疲弊させ、全身の血行も悪くしてしまいます。

 

毛髪にとって血液は必要な栄養を運ぶ大切な存在ですから、不健康な生活を続けていると薄毛を招きやすい体質となってしまいます。

 

ストレスとうまく付き合う方法

 

薄毛の原因となるストレスですが、忙しい現代社会ではストレスを取り除くことはまず不可能です。

 

特に女性はストレスを感じやすく、影響も受けやすいと言われています。

 

近年女性の薄毛が急激に増えているのも、やはり女性の社会進出が大きな理由と言われています。

 

ストレスを完全に取り除くことはできませんが、自分自身を少しだけ変えることでストレスと上手に付き合っていくことは可能です。

 

例えばストレスを感じやすい人には完ぺき主義者が多いのですが、常に100を目指すのではなく、80くらいで良しとする心の余裕を持つことです。

 

小さなミスを気にするのではなく、総合的に評価をして自分を褒めてあげることも必要です。

 

また、過去の失敗をいつまでも悩み続けるのも大きなストレスになります。

 

過去にばかり囚われていても時間は取り戻せませんから、もっと前向きに未来へ目を向けるようにしましょう。

 

それに失敗の中にも意外と良い面はあるものです。見方を変えてポジティブに物事を捉えるてみると、思わぬ学びや発見があったりします。

 

そしてもちろん、身体を十分に休ませてあげることも大切です。

 

身体の疲労が溜まっているとストレスを過剰に感じてしまうものです。忙しい時にもできるだけ心身共に休める時間をつくりましょう。

 

一人になれる時間や趣味に没頭できる時間があると上手にストレスを発散できます。

 

ストレスを軽減するだけで薄毛の進行が止まるケースもありますから、自分のストレスと向き合って旨く対処できるようにしましょう。

 

食生活と生活習慣の改善方法

 

薄毛を改善するためにはストレスと上手に付き合うだけでなく、食生活の改善も必要です。

 

まず髪の成長には良質なたんぱく質とビタミン・ミネラルが必要です。

 

また脂肪分の多い食事は皮脂の過剰を招いて薄毛には良くありません。

 

魚や大豆、野菜や海草をたっぷり摂るなど、できるだけ和食を中心としたバランスの良い食事を心がけるようにします。

 

勿論、内臓に負担をかける過度なお酒や、体温や血行を低下させる喫煙はNGとなります。

 

また、身体のリズムを整える生活習慣を身につける事も大切です。食事や睡眠時間が不規則では基盤となる健康な身体がつくれません。

 

毛髪は生命維持には支障がないため、身体の中では常に後回しにされてしまいます。

 

不規則な生活では頭皮や毛髪に使われるはずの栄養やエネルギーが別なところで消費されてしまうので、規則正しい生活習慣を身につけ、頭皮や毛髪を十分サポートできる健康的な体質に切り換えていきましょう。

 

どんなに良いクリニックへ通い治療を受けていても、食生活や生活習慣が乱れていては十分な効果が得られません。

 

薄毛だけでなく将来的に大きな病気を引き起こす原因にもなりますから、ぜひこの機会に食事や生活習慣を見直してみましょう。

 

東京ビューティークリニックは↓こちらから