薄毛に気づいたらすぐにクリニックに通うべき?

おすすめ!発毛クリニック

どれくらい薄くなったらクリニックに通うべき?

 

悩み

 

薄毛は男性だけの悩みではなく女性でも悩まされることがあります。

 

男性の薄毛の原因は男性ホルモンのテストステロンが深く関係していますが、女性の薄毛は女性ホルモンのエストロゲンが減少することが原因となって抜け毛が増えたり進行させてしまいます。

 

女性はエストロゲンの分泌が20代後半でピークになり、30代後半になると次第に減っていきます。

 

ですので、女性は30代後半くらいから薄くなることが多いのですが、ではどれくらい薄くなったらクリニックに通えば良いのでしょうか?

 

それは、薄くなったと思ったときに通い始めるのが良いのですし、早ければ早いほど良いのですが、それでもタイミングが分からない人は次の中の一つでも当てはまることがあった時は通うべきと言えます。

 

シャンプー後や枕につく抜け毛がいつもより多くなった、髪が細くなって地肌が透けるようになった、髪にボリュームやコシがなくなってペシャンコになりやすい、分け目などの部分的に薄くて毛量が少ない、この中の一つでもあてはまることがあればクリニックに行ってカウンセリングを受けてみてください。

 

それから治療を受けて薄毛を改善していきましょう。

 

 

薄毛がかなり進行したら手遅れ?

 

薄毛になってしまうと良いことは何一つありませんので早く改善したほうが良いのですが、自分で気付かないうちに薄毛は進行することがありますので、毎日お風呂上りなどにチェックして気を付けておかなければいけません。

 

しかし、気づくのが遅くて薄毛がかなり進行してしまった人もいるのではないでしょうか。

 

そうした人は薄毛がかなり進行したら手遅れ?と思うかもしれません。

 

そんな不安を感じても手遅れではありません。

 

改善するまでに時間がかかる可能性はありますが、手遅れではありませんので諦めないようにしてください。

 

そもそも毛母細胞が分裂可能な状態にあればツルツルに見える状態でも手遅れにはなりません。

 

ヘアサイクルさえ正常に機能していれば薄毛は改善することができるため、自分で手遅れと思ってもクリニックに行けば治療で改善することができるのです。

 

また、薄毛症状には段階があり、細くて短い抜け毛が増えてきた時は初期段階となりますし、頭頂部や分け目などの部分的に薄くなってきた時は中期段階と言えます。

 

後期段階は頭頂部や分け目などが完全に露出している状態となり、産毛が多い状態になりますとその後は脱毛と呼ばれる状態になります。

 

ここまで進行すると改善に時間がかかる可能性が高くなりますので少しでも早くクリニックに行って治療を受けたほうが良いでしょう。

 

 

生活習慣や食生活の改善も必要

 

生活習慣や食生活が乱れることによって薄毛の可能性は高まりますし薄毛を進行させてしまう原因にもなります。

 

ですので、生活習慣や食生活の改善も必要となるのです。

 

生活習慣で気を付けておきたいのが睡眠不足やストレス、環境によるダメージなどです。

 

睡眠不足は毛髪の成長に必要なホルモンの分泌量を減らしてしまいますので、最も成長ホルモンが分泌される午後10時から午前2時はしっかり寝るようにしましょう。

 

ストレスは自律神経のバランスを乱して血管を収縮させ、それが血行不良を引き起こして髪の成長に必要な栄養を届けることができなくなります。

 

だから、ストレスはできるだけ溜めこまないようにしたり感じないようにし、趣味などで発散するようにしましょう。

 

環境によるダメージは紫外線や冷暖房などですので気を付けておきましょう。

 

食生活ではアミノ酸を多く含む肉類や大豆、卵などを多く取り入れ、そのアミノ酸を髪の毛の成分に変えるビタミンBもマグロやサバなどの魚類で取り入れると良いです。

 

東京ビューティークリニックは↓こちらから