薄毛になりやすい人とは?

おすすめ!発毛クリニック

薄毛になる人とならない人の違い

 

薄毛

 

男性なら特に気になるのが薄毛の問題ですが、誰でも薄毛になるとは限りません。

 

男性でも幾つになってもフサフサの髪を持つ方もたくさんいますよね。

 

またここ最近では女性も薄毛で悩んでいる方も多いようですが、そうでない方もたくさんいるのです。

 

このように薄毛になる人とならない人がいるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

まず薄毛になる原因は、男性と女性で違いがあります。

 

ですがその原因を誘発してしまう行動などもあるので注意が必要です。

 

基本的に普通に生活をしていれば、特に薄毛になるようなことはありません。

 

普段の生活が乱れていなければ、問題はないのです。

 

ですが男性には特有の原因もありますし、女性特有の原因もあります。

 

生活だけでは薄毛になるかならないかの判断はできませんが、ある程度生活環境というのは影響するので注意が必要となるでしょう。

 

ただやはり健康的な生活は薄毛にはとても重要なポイントとなります。

 

病気や男女それぞれ持つ特有のホルモンによる原因を除けば、薄毛になる人とならない人の違いは日々の生活にあると考えてよいでしょう。

 

それでも薄毛になる原因にはたくさんの種類があります。

 

もちろん遺伝だって関係してくるでしょう。

 

生活習慣の他にも様々な原因はたくさん潜んでいるので、十分注意しておくようにしましょう。

 

食生活で薄毛をケアすることも大切です!詳しい方法はこちら→食事で育毛

 

遺伝

 

薄毛の原因としてよく話題に出てくるのが遺伝ですよね。

 

特に男性は父親や祖父が薄毛であれば、将来自分も薄毛になってしまうのではないかと思う方も多いでしょう。

 

当たり前のように遺伝すると考えられている薄毛ですが、実際には本当なのでしょうか。

 

薄毛と遺伝の関係についてはやはり多少なりとも遺伝というものは影響することがあります。

 

特に男性のAGAは遺伝によるものも影響があると言われています。

 

ですが全ての男性がこの薄毛の遺伝子を受け継いているわけではありませんし、自分が違っていても子孫が受け継がないということもないのです。

 

隔世遺伝なども考えられますし、親が薄毛だから必ずしも薄毛になるということはありません。

 

親や祖父が薄毛かそうでないかは関係なく、自分にも可能性があるということだけ注意しておくと良いでしょう。

 

またこれだけではなく、皮脂分泌の多い遺伝を受け継いでいれば、頭皮の毛穴つまりによる薄毛になりやすい可能性もあるのです。

 

この場合男性だけではなく女性にも可能性があると考えても良いでしょう。

 

このように遺伝も必ず薄毛になるとは限りませんが、可能性があると考えて良いでしょう。

 

将来薄毛になってしまうのか気になっているのであれば、早めに対処しておくか遺伝子検査などで薄毛チェックも行っておくようにしましょう。

 

 

食生活や生活習慣

 

今はまだ薄毛ではないから大丈夫という方も、薄毛になってきたかもしれないと思っている方も注意すべきことがあります。

 

それが食生活や生活習慣です。

 

特に食生活は頭皮にダイレクトに影響する場合もあります。

 

脂肪分の多い食事や栄養の偏りがあれば薄毛になる可能性があるのです。

 

脂肪分の多い食事をすると皮脂分泌が活発になり、頭皮の毛穴が詰まって髪の毛が成長できないまま抜けてしまうことがあります。

 

また栄養の偏りは髪の栄養分が足りなくて、髪の毛が成長できずに抜けてしまったり発毛が促進されず薄毛になる可能性もあります。

 

食事も髪の毛にはとても大切なので、過度な食事制限や脂肪分が多い食事は見直すようにしましょう。

 

また生活習慣においては睡眠不足も大いに薄毛に影響します。

 

睡眠不足になると皮脂分泌が増えたり、血行が悪くなり栄養が頭皮まで届かなくなります。

 

食事と同じように頭皮にダイレクトに影響するので、できるだけ睡眠時間をしっかりと取るようにしましょう。

 

また起きる時間や寝る時間もできるだけ規則的に保てるようにしましょう。

 

食生活の乱れや生活習慣の乱れは頭皮への栄養不足を招いたり頭皮の毛穴を皮脂で詰まらせてしまう原因となります。

 

できるだけ食事と生活の両方に気をつけながら、頭皮ケアを行い薄毛を予防しましょう。

 

 

ストレスとの関係

 

ストレスを溜め込むと体に様々な不調をもたらすことがあります。

 

今の時代忙しすぎることや人間関係などでストレスを溜めることも珍しくはありません。

 

ですが過度なストレスもしくは慢性的なストレスは体の中だけに限らず、頭皮にまで影響を及ぼすのです。

 

よくストレスで円形脱毛症になったという話を聞くと思います。

 

それと同じように、抜け毛が増えて薄毛になる場合もあります。

 

ストレスが薄毛の原因となるメカニズムには、血行不良にあります

 

思っている以上にストレスは体全体の血の巡りを悪化させてしまうので、当然頭皮にも血が回りにくくなってしまいます。

 

そのため必要な栄養素が頭皮まで届かなくなってしまうため、頭皮は硬くなり乾燥したりターンオーバーが遅れ老廃物が皮脂にたまったりします。

 

また栄養が届かないことで髪の毛の成長も進まなくなるでしょう。

 

このようにストレスは頭皮にとって、そして髪の毛の成長にとって悪影響を及ぼします。

 

自分で感じている以上に、体の方がストレスを感じている可能性もあるのです。

 

できるだけ休息をとったり運動などでリフレッシュしたりするなど、ストレスの対処を行いましょう。

 

難しい場合には血行不良だけでも解消できるように、入浴などで体を温めて血の巡りを良くしましょう。

 

 

病気の可能性も

 

薄毛といえば遺伝や生活習慣・食生活など様々な原因が考えられます。

 

ですが薄毛になったからといってこれらの原因だけが当てはまるとは限らないのです。

 

実は病気の可能性も隠れているかもしれないのです。

 

薄毛で病気?というイメージはあまりないですよね。

 

どちらかといえば薬などの副作用による抜毛の方が知られているでしょう。

 

ただ内臓疾患などの病気でも薄毛になる可能性があるので、しっかりチェックしておきましょう。

 

まず甲状腺の病気でバセドウ病は過剰にホルモンが分泌され代謝が以上に上がることで抜け毛が増える可能性があります。

 

逆の甲状腺低下症も代謝が悪くなりすぎてしまうことで、抜け毛が起きる可能性があるのです。

 

また膠原病など自己免疫疾患でも髪の毛が抜け薄毛になる場合もあります。

 

他には糖尿病や高脂血症などでも血行不良を起こしやすくなるため薄毛になる可能性があるのです。

 

このように薄毛には病気が隠れている可能性もあるため、単なる薄毛だと思い込んでしまうのも注意が必要です。

 

もし他に症状が現れているようであれば、薄毛よりも先に病気の診断をしてもらいに行くようにしましょう。

 

これらの病気は死に至る可能性も低くはありません。

 

まずは他の症状が出ていないかチェックして、病気を治してから薄毛対策をするようにしましょう。

 

東京ビューティークリニックは↓こちらから